[Python]Anacondaのインストール for Windows

手軽にPythonを導入したければAnacondaを使えばいい.

numpy / scipy / pandas / jupyter / etc…

流行りのData Science向けのパッケージも丸々入っているし,condaによるパッケージ管理も楽だ.

Anacondaのダウンロード

まずはインストーラをダウンロードしよう.

Download Anaconda Now! | Continuum

Anaconda is the leading open data science platform powered by Python. The open source version of Anaconda is a high performance distribution of Python and R and includes over 100 of the most popular Python, R and Scala packages for data science.

せっかくだから俺は

  • Anaconda 4.4.0 for Windows
  • Python 3.6 Version
  • 64-BIT INSTALLER(437M)

を選ぶことにするぜ.

Anacondaのインストール

インストーラは「管理者として実行」しよう.

なぜならCドライブ直下にインストールする予定だからだ.

1 インストーラ起動後の画面.
[Next]を押す.
2 ライセンスへの同意.
[I Agree]をクリック.
3 アカウントの選択.
せっかく管理者権限でやってるんだし,All Usersを選ぶぜ!
4 高度なオプション.
上段チェックボックス:
Anacondaを環境変数のPATHに加える.
下段チェックボックス:
AnacondaをデフォルトのPython3.6として登録する.
まぁそのままにしておくか.
5 保存先の選択.
Cドライブ直下に「Anaconda3」フォルダを作成し,そこにインストールしよう.
6 インストールには数分から十数分かかるかも….
終わったら[Next]を押す.
7 終わり!閉廷![Finish]!

仮想環境を構築する

「Anaconda Prompt」でサクッとやってしまうのもいいがここはひとつGUIの「Anaconda Navigator」とやらを使ってみよう.せっかくだし.

1 まずは「Anaconda Navigator」を「管理者として実行」しよう.
2 [Environments]を開いて[Create]を押す.
3 [Environment Name]は適当な名前を設定しよう.
Pythonバージョンはdlib使いたいし3.5にしとくかな.
[create]を押せば構築がスタートする.
4 作成した環境は画面中央のリストに表示される.
現在選択中の環境は名前の隣に▶が付いている.
右側のウィンドウには選択中の環境にインストールされているパッケージが表示されている.パッケージを追加するために[Installed]を[Not Installed]に変更しよう.
5 Searchに「numpy」と入力する.
出てきた結果から「numpy」を探してチェックし[Apply]を押す.
すると依存パッケージの一覧が出てくるのでまた[Apply]を押す.
これで追加完了.
同様の手順で「matplotlib」や「jupyter」を追加しよう.
6 [Environments]を開き[channels]を押すとウィンドウが出てくる.
ここからチャネルを追加することができる.
[Add]を押して出てきた入力欄に「menpo」と入力してエンター押下.
その後[Update Channels]を押すと追加が完了する.
Searchで「opencv3」を検索してパッケージを追加する.

動作の確認

Jupyter Notebookの実行

[Environments]で選択中の環境の▶をクリックするとメニューが出てくる.[Open with Jupyter Notebook]を押すと,ブラウザ上でJupyter Notebookが起動する.

フォルダ・ノートブックの作成

[New]->[Folder]で新規フォルダを作成できる.

作成したフォルダの名前は「Untitled Folder」になっているので,チェックして[Rename]を押し適当な名前に編集しよう.なかなか不便だ.

作成したフォルダに移動し,[New]->[Python 3]で新規ノートブックを作成する.

コードを書く

In [ ]: の隣の枠はセルと呼ぶ.ここにコードを記述し,実行することができる.ノートブックと同じディレクトリに適当な画像を置き,表示させる.


import cv2 #opencvモジュールの読み込み
import matplotlib.pyplot as plt #matplotlibモジュールの読み込み
#opencvで画像(wanderer.jpg)を読み込み
img = cv2.imread("wanderer.jpg")
#表示するためにmatplotlibで読み込み
plt.imshow(cv2.cvtColor(img,cv2.COLOR_BGR2RGB))
#表示
plt.show()

実行する

ページ上部の▶ボタンを押し,選択しているセルを実行する.

💾アイコンを押すことでノートの保存ができる.

[FIle]->[Download As]からHTMLやPDFのフォーマットで出力することもできる.

Jupyter Notebookの終了

Notebook右上の[Logout]をクリックしアプリケーションからログアウトする.その後,ターミナル上で[Ctrl + C]キーを押し,カーネルをシャットダウンする.

sukanpin has written 18 articles

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>